PRIME TIME fitness

ドイツ

PRIME TIME fitnessが「Myzone」で会員のモチベーションを高める

primetime fitness.jpg

「メンバーに結果を出してもらいたいなら、Myzoneのようなモニタリングシステムが必要です」と語るのは、ドイツの大手フィットネスチェーン「PRIME TIME fitness」の創業者兼マネージングディレクターのヘンリック・ゴッケル氏。

 

2010年にフランクフルトで設立された同グループは、フランクフルト、ミュンヘン、ハンブルクで11のクラブを運営しています。

そのうち9つは直営で、2つはフランチャイズで運営しています。

センターの広さは500~1,000平方メートルで、通常、街の中心部の高級住宅地に設置されています。朝6時から深夜0時まで営業し、個人や少人数のグループでのトレーニングを提供しています。また、バーやウェルネスラウンジなどの付帯施設はあえて設けず、会員が体力づくりに集中して結果を出せるようにしています。

スポーツ科学者の協力を得て、理想的なトレーニングシステムを構築したというPRIME TIME fitness。効果的かつ効率的なトレーニングを提供するための一環として、2018年にそれまでの心拍数モニターシステムをMyzoneに置き換えた。

「Myzone は、以前のシステムよりも機能性に優れています。トレーニングにかける努力を増やすモチベーションにもなりますので、会員様には毎回のトレーニングでMyzoneをお使いいただくことをお勧めしています。

現在、会員の約50%がMyzoneベルトを積極的に使用しています」とゴッケル氏は説明します。

「クラブに所属していても、効果的なトレーニングをしていない人は、私たちの業界では共通の問題です。結果を出すためには、測定が必要です。私たちは体組成分析を行い、Myzoneを使って会員のトレーニング努力を適応させ、目標達成を支援しています」。

 

Myzoneの利点の1つは、会員がクラブでも自宅でも、効果的なトレーニングを行うように促すことです。これは、新型コロナウィルス感染症によるロックダウンの際に、特に効果を発揮しました。

「フランクフルトでは2ヶ月間、ミュンヘンでは約3ヶ月間、クラブが閉鎖されました。

私たちは、Myzoneを含むアプリを通じてメンバーと定期的に連絡を取り、オンライントレーニングにも利用しました。

会員の皆様には、Myzoneチャレンジにも参加していただきました」とゴッケル氏は言います。

クラブが再開された際には、プライムタイム・フィットネスでは、入場者数と売上がともに80%以上増加しています。

コロナ禍のような危機を生き抜くためには、身体の健康が重要であり、それに投資する必要があることを人々は学んでいます。

私たちが提供するトレーニングは、フィットネスを通じて会員の皆様の生活を向上させることに重点を置いていますので、この危機を乗り切るための体制は整っていると思います」とゴッケル氏は言います。

クラブ紹介

2010年にフランクフルトで設立された同グループは、フランクフルト、ミュンヘン、ハンブルクで11のクラブを運営しています。

 

そのうち9つは直営で、2つはフランチャイズで運営しています。

 

センターの広さは500~1,000平方メートルで、通常、街の中心部の高級住宅地に設置されています。朝6時から深夜0時まで営業し、個人や少人数のグループでのトレーニングを提供しています。

また、バーやウェルネスラウンジなどの付帯施設はあえて設けず、会員が体力づくりに集中して結果を出せるようにしています。

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/6

お気軽にお問い合わせください